HOME > 

賃貸物件を借りるに当たって

賃貸物件を探すに前に、どのような物件を求めているのか考えてみましょう。選択の余地がないような場合は仕方ありませんが、ある程度の条件を決めておかないと沢山の物件の中から決めきれなくなってしまいます。そしてそれぞれの条件の中にも優先順位がなんとなくはあるでしょうから、出てきた物件の中で篩いに掛けていけばよいのです。 たとえば、ライフスタイルから通勤や通学先が鉄道やバスあるいは船の沿線などにあれば、その沿線で探すと便利には違いありません。しかしながらその場合にも、選べるものなら帰りに街によって帰りたいとかあるようならその沿線の乗り換えポイントなども考慮に入れる余地があればそちらを優先にすると良いかも知れません。そこで利用する沿線が好みの繁華街に近いかどうかということがキーと成ってきます。あるいはアフターファイブや休日の過ごし方次第では、スポーツ施設や公園あるいは河川敷などのサイクリングロードやランニングに適したルートがあるかということも分かれば素敵です。 そうして今度は通学や通勤に掛かる所要時間を考えていきましょう。例えば東京を中心とした首都圏に暮らしたことがあれば、家賃の相場が非常に高いことできっと周りにも遠距離の通学通勤をしている人が多いかも知れません。しかしながら郊外や地方で探していくならばそんな必要もなく、ひょっとしたら通勤や通学先まで徒歩圏でリーズナブルな物件が見つかるかも知れません。愛知県の場合はやはり名古屋市の市街地に高額物件が集中する傾向がありますから、通学や通勤先がそんな市街地であれば通学や通勤時間を長めに譲歩する必要があるかも知れません。 これは、交通機関を利用するのであればダイヤを確認しておく必要があります。通勤や通学の目的地から近かったとしても、実は各駅停車しか停まらない駅でホームにずっとたたずんで電車を見送るばかりでは困ります。特に私鉄沿線であれば無料で利用出来る特急電車などが多く走っています。愛知県には広域を走る名古屋鉄道や近畿日本鉄道以外にも豊橋鉄道や東海交通事業に愛知高速交通などとありますから、沿線であれば時刻表や路線図などで確認しておきたいポイントの一つです。ここまで絞ってくると何線の何処駅といった辺りまで見えてきます。

もうひとつ家賃の相場に大きな影響を与えるのが、人気の街が世の中にはある訳で大きな都市でなくてもいわゆる高級住宅地やその近辺にあるようなお洒落な街の駅周辺というエリアがあります。家賃が高くてもお洒落なところに住みたいという方には打って付けですが、休日になると雑誌を片手に賑やかとなることで住むにはどうかというような事例もありますから注意が必要です。新しい町の駅や古い町の駅など街の歴史によっては、駅前などにお店が充実しているかどうかがハッキリと分かれています。古い町の駅だと充実の商店街に期待出来ますし、新しい町だと郊外であっても駅ビルがショッピングモールであることがよくあります。 あるいは通勤や通学先からのルート上に大きなお店があって間に合っているということであれば、最寄り駅から家までの何処かにコンビニエンスストアがあれば充分かも知れません。コンビニエンスストアは入れ替わりが激しいために2件ほど抑えておけるなら安心ですし、スーパーマーケットも営業時間の長いものがあればそれで充分かも知れません。また、自分で食事を余り作らないライフスタイルであれば、賃貸物件周辺に飲食店があると便利です。愛知県では喫茶店のモーニングセットが他県では考えられない充実ぶりなので、喫茶店だけがあれば充分という可能性だってあります。名古屋市街周辺であれば派手に爆撃を受けたために戦後の復興時に道路整備が新しくデザインされたことから、道路事情に恵まれていますから駐車場の確保もしておくと良いでしょう。

このページの先頭へ

BOOKMARK

HOME >